yusk -ユースク-

  • WordPress
  • Twitter
  • RSS
  • Facebook

201105-31

本籍を沖ノ鳥島にすることができる

okinotori-shima

本籍は産まれた時に届けられていて、大抵出生時の住所になっているはず。
戸籍の登録として使用されるけど、一般的に使用する機会は少なく、解ってるようで解ってない本籍。免許証もICとかでチップに格納されて最近では記載されなくなったしね。

そんな本籍だけど、実は任意で変えることができるのをご存知でしょうか?

「本籍」

日本では、本籍は現住所と無関係に国内ならどこに置いてもよく、変更も自由である。・・・
・・・日本が領有権を主張しているところであれば、どこにでも本籍を置くことができるので・・・

引用:ウィキペディアより

なんと!これは「自由」に変更可能ということで、極端な話、最南島の沖ノ鳥島というほぼサンゴ礁の無人島にすることも出来るのだ。
遠方の場合には郵送で管轄の市区町村に届け出ることも可能だそうだ。

そして沖ノ鳥島の本籍地は「東京都小笠原村沖ノ鳥島」になるらしい。


大きな地図で見る

カッコ良すぎ!

さらには領土問題が発生したり色々ゴタゴタの北方領土や竹島、尖閣諸島にも本籍地を移動可能。
北方領土については元々独立した村になってるけど、管轄は根室市になるらしい。

さらにさらに日本国であれば良いので、軍艦島とか硫黄島とか富士山の山頂とか国会議事堂とか国立競技場とかにも本籍を置ける。

これは酷い。一体本籍とは何なのか?w

すでに上記地域などに本籍を移している人もいるらしい。

但し、デメリットも考えられなくはなく、まず何らかで本籍入りの戸籍謄本が必要な時、郵送の際に管轄が離れ島だと海を越えるのに時間がかかること、そして最も怖いのは将来的にその本籍地が日本の領土ではなくなる恐れもあり、ややこしいことになる可能性も秘めている。

昔のように免許証に記載されるなら、港区南青山とか港区白金とかにワサワサ集まりそうな気もするけどね。関東の人ってそういうのを凄く気にする人が多い印象がある。法人の登記だけを何が何でも青山に置くとか。そして電話は決まって本当の事務所に転送w

まぁ、単なる秘めた自己満足に他ならないということだろうけど、気になる人は変更してみるのも一興かもね。

トラックバックURL

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">